表面にあるものとその根っこ

0


    目に見えること、感じること、自分の周りに起こる事象は
     
    自分の根っこに関することが

    表面化しているということ。



    表面では、

    もどかしくてもどかしくて、

    伝えたいことがうまく伝わらないという想いになっていたり


    自分の身体の症状として出ていたり


    子供は敏感にキャッチし、バランスをとろうとして症状や態度で示したり、


    自分も含め、周辺の事象として

    現れていることがたくさんあります。


    そんな時、

    やっぱり自分の本質、根っこ、たましいに

    ふれて感じているだけで

    必要な情報や手段、タイミングなどが

    ベストな状態でやってくる。

    一見、大変なそうで嫌なことも

    実は、自分がどこかでのぞんでいたということに

    ハッとする。

     

    事象に左右されているときは、

    自分のこころはゆれにゆれて、

    何かしなきゃ、

    どうにかしたい、

    何をしようか。。と、あわてたり、

    何もしなくても、そわそわしたり、、不安定、枯渇感、、

     

    自分の本質にふれていると

    それは、起こっている事象として捉えることができて、

    感情と離して観ることで、すんなり納得できるポイントがあります


    自分とも、周りとも

    戦わなくてもいい。。


    その場所は自分にとって、

    とても安全だし安心なところだと感じます。

     

    本質にふれていると、穏やかに、

    自分の中の奥底から湧き上がるもの


    それだけでとても満たされます。


     

    ”どこにフォーカスしたいか”

    そして、

    "どう在るか”



    こころで感じることを体感したくて

    感情を味わいたくて存在しているとするならば

    たましいにふれることで、

    安心して感情を楽しむことができ、味わえる♬

    その方法は、地球上に沢山あると思います。





    〜menu〜

    http://yuyama-chiryoin.com/menu
     


    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:119 最後に更新した日:2018/10/25

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM